ネズミ

人に優しく自然に優しい日本ペストコントロール協会の認定剤を使用します。

ねずみの生態

 ドブ  クマ  ハツカ
ドブネズミ
成獣の体長は22~26㎝で、クマネズミに比べると目や耳が小さく、尾は体長よりやや短い。日本全土に分布し、ビルなどの建物には少なくなったが、地下街やゴミ処分場などに数多く生息している。垂直方向の移動や電線などを渡るのは苦手だが、泳ぎは得意。
クマネズミ
成獣の体長は15~23㎝で、ドブネズミに比べると耳が大きく、尾は体長と同じかやや長い。垂直方向の移動に優れ、パイプを登ったり、電線を渡るのが得意。日本全土に分布し、警戒心が強く、ビルなどでは主要なネズミである。
ハツカネズミ
成獣の体長は5~6㎝で、尾は体長より短い。日本全土に分布し、穀物倉庫などで多く見られるほか、人家や建築物でも見られる。畑地などに住む半野生種は、秋から屋内に侵入する。

建築物への侵入経路

ドブネズミ・クマネズミの幼獣は1.3cm以上、ハツカネズミは0.7cm以上あれば、わずかな隙間・穴からでも侵入します。
●侵入口
家2

ねずみによる被害

被害 内容
衛生的被害 ①寄生しているダニによる皮膚炎

②糞尿など排泄物による伝染病等病原体の媒介
(サルモネラ菌、レプトスピラ菌、鼠咬症など。)

経済的被害 ①樹木や建物等をかじる

②電気機器などの内部や電気、通信ケーブル等をかじる事でショートを引き起こし、電気機器の故障、火災の原因。

 

対策

対策 内容
環境的対策 構造的要因、管理的要因を見つけ出し対策する。
薬剤による対策 必ず医薬部外品を用い、用法・用量に注意して使用する。
器械・器具による対策 粘着トラップ、圧殺式トラップ、生捕りカゴ、超音波器