シロアリ

シロアリの被害   公益社団法人日本しろあり対策協会より

シロアリは加害力の強烈な昆虫ですので、その被害は極めて広範囲に及び、気づいたときには、被害がかなり進行していることが多いのです。

       
●土台と柱の被害
シロアリは地中から建物に侵入してくることが多いので、まずは土台や床束、柱などの下部が食害されます。柱が浮いていたり、傾いたりして地震や台風の祭は思わむ大被害を受け、とても危険です。
●天井の被害
シロアリは気づかないうちに柱や壁などの内部を食い進み、時には被害が天井裏の小部組にまで及びます。
●床板の被害
床下から侵入してきたシロアリは、床板を食い荒らし、その上にある畳や家具類まで食害します。
●モルタル壁内部の被害
モルタルやコンクリートブロック壁内部は暗くて温暖多湿なので、シロアリに食害されやすい場所の一つです。
       
 ●鉄筋コンクリート造の床板の被害
最近、てきんコンクリートやブロック造建物の被害が増えています。コンクリート造健物でも、シロアリはひとたび侵入すると、内部の木材や家具などを食い荒らします。
 ●新建材の被害
シロアリは木材だけではなく、プラスチックや合成ゴム製の新建材も加害し、とくに発砲スチロールや発泡ポリウレタン系の断熱材も加害されます。
●畳の被害
気づかぬ内に、タンスや家具類の下の畳がシロアリに食害されていることがあります。
 ●家具の被害
タンスなどの家具類に保管していた貴重なものまでシロアリに食害されることがあります。
     
 ●書籍の被害
本や書類も押入れに入れたり、壁に接して積み重ねておくと、シロアリの餌食になります。
 ●ケーブルの被害
鉄道沿線や建物内敷設のケーブル・電線類がシロアリに食害されて、運転事故や電気・通信障害を引き起こすこともあります。
●コンクリートの被害
シロアリは、コンクリートの割れ目を拡げたり、給排水管とのすき間を通って建物内に侵入することもありあます。

あなたにもできるシロアリの発見法

ヤマトシロアリは日当たりの悪い、湿気の多い、割と暖かいところに多くみられます。家屋であれば、台所、洗面所、トイレ、お風呂場などに多く、換気の悪い床下では、土台や床束などに被害が多く発生します。また、イエシロアリは、水を運んで湿しながら加害するので、被害はやがて建物全体に及ぶことがあります。大切な財産をシロアリの被害から守るためにも、早期発見と防除対策は重要です。

     
●蟻道
シロアリは地中から土でトンネル(蟻道)をつくって建物へ侵入してくることが多いので時々建物の床下や周辺を調べて基礎や束石・土台などの表面に蟻道がついていないかを確かめましょう。
 ●蟻土
シロアリは風や光を嫌い、適当な湿度を保つために、木材の割れ目や継ぎ目に排出物や土砂(蟻土)を運んできて詰めたり、盛り上げたりします。
● 食痕
シロアリは木材の柔らかい春材部を好んで食べ硬い秋材部を喰い残しますので、木口面では年齢に沿って同心円状の食痕を示します。シロアリは明るいところでは木材の表面から強く押したり、ドライバーでほじくると、簡単に穴があいたり、こわれたりします。シロアリ被害が進んだ木材は内部が空洞となりますので、木材をハンマーでたたくと空洞音がします。
     
 ●建物の変状
シロアリ被害が進んだ建物では、家の中を歩くと畳や床板がなんとなくくぼむ感じをうけたり、柱が下がり、棟や軒の稜線が波を打ち、屋根瓦がずり落ちたり、ふすまや障子、雨戸などの立てつけが悪くなったりします。
 ●羽あり
羽有りの郡飛期はシロアリが人前に姿を現す唯一の時期ですので、シロアリ発見の絶好のチャンスです。群飛の時期や時刻に注意していれば、シロアリの種類の判別にも役立ちます。ヤマトシロアリは4~5月(ただし、沖縄2月、東北・北海道6月頃)の昼間に、イエシロアリは6~7月の夜に郡飛して電灯に飛来します。アメリカカンザイシロアリは6~9月に昼間に少数ずつ何回も郡飛し、ダイコシロアリは5~8月の夜に少数づつ郡飛し電灯に集まってきます。
 ●カンザイシロアリの糞
アメリカカンザイシロアリやダイコクシロアリは乾燥した木材だけを食害し、被害材の外に糞を輩出します。被害材の下に乾いた砂粒状の糞がたまっており、数十倍に拡大して見ると真ん中がへこんだ米俵状をしている場合はカンザイシロアリの被害です。

早期発見と予防のポイント

シロアリは通常、明るいところを避けて活動する修正がありますので、一般的に人目につきにくく、気づいた時は被害が相当進行していることが多く、地震や台風による建設倒壊の原因となり、とても危険です。

  建物の土台部分や床下がシロアリの被害を受けています。
放置したままだと、建物の構造強度にも影響を及ぼしかねません。
”安心” ”安全”のため、検査と防御は、大変重要で、継続的に行われることが必要になります。
  断熱材と外壁の内部木部がシロアリの被害を受け、大部分の木が食害されています。

大切な住まいをシロアリ被害からま守り、被害を最小限に食い止めるには、定期的にシロアリ調査を行い、シロアリやその被害を出来るだけ早く発見し退治することです。それよりもさらに被害を受ける前に、適切な予防対策を講じておくことが何よりも肝要です。新築時のほうが防蟻施工がやりやすい上に、比較的安価な経費で、しかも安全な防蟻対策を講じることが出来ます。